コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治見[市] たじみ

2件 の用語解説(多治見[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

多治見[市]【たじみ】

岐阜県南部の市。1940年市制。土岐川中流部の丘陵地を占め,古くから陶器の産地で,明治末に中央本線が開通してから窯業都市として発展。太多(たいた)線を分岐し,中央自動車道が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たじみ【多治見[市]】

岐阜県南東部の市。1940年市制。人口10万1270(1995)。市域は土岐川沿いの平地と美濃三河高原の丘陵地よりなる。蛙目(がえろめ)粘土,木節(きぶし)粘土と呼ばれる良質の陶土を産するため,古くから美濃焼で知られる陶磁器の生産地で,江戸時代には美濃焼物取締所が置かれ,尾張藩の統制を受けていた。明治以降,多治見の陶器商が全国に販路を開拓したことや,鉄道開通以前には陶磁器輸送に木曾川舟運を利用して地の利を得たことなどを背景に陶磁器集散地として発展,〈陶都〉といわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

多治見[市]の関連キーワード新体制運動ウォルシュ喜劇映画中南米映画日中戦争北欧映画国民服トレベリアンビートルズベビン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone