コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治見[市](読み)たじみ

百科事典マイペディアの解説

多治見[市]【たじみ】

岐阜県南部の市。1940年市制。土岐川中流部の丘陵地を占め,古くから陶器の産地で,明治末に中央本線が開通してから窯業都市として発展。太多(たいた)線を分岐し,中央自動車道が通じる。食器,タイルなどの製造が盛んで,市の製造品出荷額の約7割(2003)を占め,周辺地区で製造される陶磁器集散地でもある。陶磁器試験場,美濃古陶器陳列館,永保寺がある。2006年1月土岐郡笠原町を編入。91.25km2。11万2595人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たじみ【多治見[市]】

岐阜県南東部の市。1940年市制。人口10万1270(1995)。市域は土岐川沿いの平地と美濃三河高原の丘陵地よりなる。蛙目(がえろめ)粘土木節(きぶし)粘土と呼ばれる良質の陶土を産するため,古くから美濃焼で知られる陶磁器の生産地で,江戸時代には美濃焼物取締所が置かれ,尾張藩の統制を受けていた。明治以降,多治見の陶器商が全国に販路を開拓したことや,鉄道開通以前には陶磁器輸送に木曾川舟運を利用して地の利を得たことなどを背景に陶磁器集散地として発展,〈陶都〉といわれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報