コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴長徳 おおともの ながとこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴長徳 おおともの-ながとこ

?-651 飛鳥(あすか)時代の官吏。
大伴咋(くい)の子。舒明(じょめい)天皇4年(632)唐の使者高表仁(こう-ひょうじん)を難波(なにわ)の江口にむかえる。皇極天皇元年舒明天皇の葬儀に際し,大臣蘇我蝦夷(そがの-えみし)にかわり誄(しのびごと)(哀悼の辞)をのべる。大化(たいか)5年右大臣となった。白雉(はくち)2年7月死去。別名に馬養(飼)(うまかい)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大伴長徳

没年:白雉2.7?(651)
生年:生年不詳
7世紀の官人。馬養ともいう。咋子の子。御行,安麻呂の父。舒明4(632)年唐の使高表仁を難波(大阪市)の江口に出迎えた。皇極1(642)年小徳(冠位十二階の第2)で,舒明天皇の殯宮で大臣蘇我蝦夷に代わって誄した。3年には祥瑞の百合の花を献じた。大化1(645)年孝徳天皇践祚の際,金の靫を帯びて壇の右に侍した。5年小紫(649年冠位の第6)から大紫(同第5)に叙し,右大臣となった。

(佐藤信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおとものながとこ【大伴長徳】

?‐651(白雉2)
7世紀の豪族。咋(くい)の子,御行・安麻呂の父。馬養(馬飼)ともいう。舒明朝から孝徳朝にかけて廷臣として活躍,632年には唐使高表仁を難波の江口に迎え,642年には舒明天皇の葬儀にあたり殯宮で誄(しのびごと)を行った。645年,孝徳天皇の即位には,金の靫(ゆき)を帯びて儀に列した。649年(大化5),大紫位に叙せられ,右大臣に任じられたが,《公卿補任》によると651年に没した。【笹山 晴生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大伴長徳
おおとものながとこ
(?―651)

7世紀中葉の廷臣。咋(くい)の子。御行(みゆき)・安麻呂(やすまろ)の父。別名は馬養(うまかい)(馬飼)。632年(舒明天皇4)、唐使高表仁(こうひょうじん)を難波(なにわ)の江口(えぐち)に迎え、642年(皇極天皇1)の舒明天皇の喪葬の礼では、大臣(おおおみ)蘇我蝦夷(えみし)にかわって誄(しのびごと)を奏した。時に冠位は小徳。643年の上宮王家(じょうぐうおうけ)襲撃事件や645年の乙巳の変(いっしのへん)にも首謀者の1人として加わっていた可能性がある。645年(大化1)、孝徳天皇践祚(せんそ)の日に金の靫(ゆき)を帯びて壇の右に立った。649年、冠位を小紫(しょうし)から大紫に進め、蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだのいしかわまろ)の後を襲って右大臣となった。長徳は大伴氏の代表者として、舒明朝に大夫(まえつきみ)となり、大化の新政府でも巨勢徳太(こせのとこだ)と並ぶ有力な大夫として国政に参与し、そのことが右大臣就任に結び付いたと思われる。[加藤謙吉]
『加藤謙吉著「大夫制と大夫選任氏族」(『大和政権と古代氏族』所収・1991・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大伴長徳の関連キーワード蘇我倉山田石川麻呂大伴安麻呂大伴御行藤原鎌足大伴吹負天忍日命あすか没年官吏大伴

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android