コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴長徳 おおともの ながとこ

4件 の用語解説(大伴長徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴長徳 おおともの-ながとこ

?-651 飛鳥(あすか)時代の官吏。
大伴咋(くい)の子。舒明(じょめい)天皇4年(632)唐の使者高表仁(こう-ひょうじん)を難波(なにわ)の江口にむかえる。皇極天皇元年舒明天皇の葬儀に際し,大臣蘇我蝦夷(そがの-えみし)にかわり誄(しのびごと)(哀悼の辞)をのべる。大化(たいか)5年右大臣となった。白雉(はくち)2年7月死去。別名に馬養(飼)(うまかい)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大伴長徳

没年:白雉2.7?(651)
生年:生年不詳
7世紀の官人。馬養ともいう。咋子の子。御行,安麻呂の父。舒明4(632)年唐の使高表仁を難波(大阪市)の江口に出迎えた。皇極1(642)年小徳(冠位十二階の第2)で,舒明天皇の殯宮で大臣蘇我蝦夷に代わって誄した。3年には祥瑞の百合の花を献じた。大化1(645)年孝徳天皇践祚の際,金の靫を帯びて壇の右に侍した。5年小紫(649年冠位の第6)から大紫(同第5)に叙し,右大臣となった。

(佐藤信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおとものながとこ【大伴長徳】

?‐651(白雉2)
7世紀の豪族。咋(くい)の子,御行・安麻呂の父。馬養(馬飼)ともいう。舒明朝から孝徳朝にかけて廷臣として活躍,632年には唐使高表仁を難波の江口に迎え,642年には舒明天皇の葬儀にあたり殯宮で誄(しのびごと)を行った。645年,孝徳天皇の即位には,金の靫(ゆき)を帯びて儀に列した。649年(大化5),大紫位に叙せられ,右大臣に任じられたが,《公卿補任》によると651年に没した。【笹山 晴生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大伴長徳
おおとものながとこ
(?―651)

7世紀中葉の廷臣。咋(くい)の子。御行(みゆき)・安麻呂(やすまろ)の父。別名は馬養(うまかい)(馬飼)。632年(舒明天皇4)、唐使高表仁(こうひょうじん)を難波(なにわ)の江口(えぐち)に迎え、642年(皇極天皇1)の舒明天皇の喪葬の礼では、大臣(おおおみ)蘇我蝦夷(えみし)にかわって誄(しのびごと)を奏した。時に冠位は小徳。643年の上宮王家(じょうぐうおうけ)襲撃事件や645年の乙巳の変(いっしのへん)にも首謀者の1人として加わっていた可能性がある。645年(大化1)、孝徳天皇践祚(せんそ)の日に金の靫(ゆき)を帯びて壇の右に立った。649年、冠位を小紫(しょうし)から大紫に進め、蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだのいしかわまろ)の後を襲って右大臣となった。長徳は大伴氏の代表者として、舒明朝に大夫(まえつきみ)となり、大化の新政府でも巨勢徳太(こせのとこだ)と並ぶ有力な大夫として国政に参与し、そのことが右大臣就任に結び付いたと思われる。[加藤謙吉]
『加藤謙吉著「大夫制と大夫選任氏族」(『大和政権と古代氏族』所収・1991・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大伴長徳の関連キーワードエローラ豪族前世紀白雉乎〓(“獣へん”に「隻」)居壬生夫子胸形尼子娘物部会津物部河内物部麤鹿火

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone