コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通円 ツウエン

5件 の用語解説(通円の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つうえん〔ツウヱン〕【通円】

茶人。京都の人。もと宇治の農民で、宇治橋の東詰に茶店を出したといわれる。古川通円と自称し、代々その名を継いだとされる。狂言の主人公として有名。生没年未詳。
狂言。舞狂言。旅僧の前に通円という茶屋坊主の霊が現れ、宇治橋供養で茶をたてすぎて死んださまを語り、回向(えこう)を願う。謡曲「頼政」をもじったもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

通円 つうえん

?-? 織豊時代の茶人。
家は代々山城(京都府)宇治橋の橋守をつとめる。宇治橋東詰に茶店(通円茶屋)をいとなむ。また豊臣秀吉に茶の湯用の水をおさめていたという。号は大慶庵。
【格言など】一服一味一期中 最期一念雲脚淡(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

つうえん【通円】

狂言の曲名。舞狂言。大蔵,和泉両流にある。東国の僧が都見物をすませ奈良へ向かう途中,宇治橋のたもとに着く。そこには,人もいないのに茶の湯を手向け,花を供えた茶屋があるので,ふしぎに思い所の者にたずねると,昔,通円という茶屋坊主が宇治橋供養のとき,茶を点(た)てすぎて死んだ跡だと語り,回向を勧める。僧は夢で通円に会うことを期待して茶屋に寝ていると,枕もとに通円の幽霊が現れる。そして,宇治橋供養半ばに都からの巡礼者が300人ほど,通円の点てる茶を飲みほそうと押し寄せて来たので,負けじとばかり大茶を点てて争ったが,ついに負けて最期をとげたと語り,回向を頼んで消え失せる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つうえん【通円】

○ 茶人。姓は古川。宇治の人。茶を商う一方茶道をたしなみ、大慶庵と号した。通円茶屋を開いたことでも有名。遺墨が大徳寺に伝わるが、生没年未詳。
狂言の一。旅僧が、宇治橋供養の際に茶をたてすぎて死んだ通円という茶坊主の幽霊に会い、その最期の様子を聞く。能「頼政」をもじったもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通円
つうえん

狂言の曲名。舞狂言。平等院参詣(さんけい)を思い立った旅僧が宇治橋までくると、茶屋に茶湯(ちゃとう)が手向けられている。不思議に思い所の者に尋ねると、昔、宇治橋供養のおり、通円という茶屋坊主があまりに大茶を点(た)て、点て死にした命日だと語る。そこで旅僧が供養していると、通円の亡霊(シテ)が現れ、橋供養のため都から押し寄せた300人の道者(どうしゃ)に1人残らず茶を飲ませようと孤軍奮闘、ついに点て死にした最期のありさまを謡い舞い、回向(えこう)を願って消え去る。能『頼政(よりまさ)』のパロディーで、最期を述べる部分は詞章ももじりになっている。通円は宇治の橋守が世襲した実在の名で、この曲のモデルは豊臣(とよとみ)秀吉に愛顧されたという中興の通円であろうか。平等院には「太敬菴通円之墓」が残っている。[小林 責]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の通円の言及

【水茶屋】より

…葉茶を売る葉茶屋と区別して,水茶屋といった。《本朝世事談綺》(1734)は京の祇園社境内の二軒茶屋,《嬉遊笑覧》(1830序)は宇治橋際の通円(つうえん)を,水茶屋の始まりとする。室町時代から見られた一服一銭の茶売が,よしず張りの掛小屋に床几(しようぎ)をしつらえるなどするようになってからの名で,これらがやがて酒食を供するようになって煮売茶屋,料理茶屋となり,店の奥に座敷を設けるところが現れると,それが男女の密会や売春の場となっていった。…

※「通円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

通円の関連キーワード釣狐福の神舞狂言唐相撲鍋八撥文相撲箕被楽阿弥雑狂言七つ子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通円の関連情報