コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大学入試センター試験 だいがくにゅうしせんたーしけん

6件 の用語解説(大学入試センター試験の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目指したが、89年度を最後に廃止。新しい大学入試センター試験制度に継承され、公立、私立大学にも利用の道を開くことになった。現在、国・公立大学のすべてが利用を決めているほか、私立大学の参加も増えており、2007年度入試では451の私立大学が利用する予定。04年度からは短期大学も利用できるようになった(07年度入試では156校が予定)。

(金子元久 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

大学入試センター試験

1月に高校3年生や既卒生らを対象に実施される全国一斉の共通試験。独立行政法人大学入試センター」が、全国の大学教員らに委嘱して作問し、今年は約53万人が受験した。 結果は受験生が志願する大学に提供される。主に国公立大の1次試験や、私大の合否判定の判断材料として利用される。大量の答案を採点する時間を短縮するため、すべてマークシートによる選択式になっている。

(2015-09-16 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいがくにゅうしセンター‐しけん〔ダイガクニフシ‐〕【大学入試センター試験】

センター試験

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大学入試センター試験【だいがくにゅうしセンターしけん】

正式名称は大学入学者選抜大学入試センター試験。激化した大学入試の競争緩和,選抜方法の多様化,一期校・二期校の廃止などを課題として,1970年以降,大学入試制度の改善が検討されてきたが,1979年から国公立大学入試に際し〈共通1次試験〉が導入された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

だいがくにゅうしセンターしけん【大学入試センター試験】

大学入学者の選抜に関し、志望者の学習の達成度を判定するため大学が共同して実施する試験。各大学ごとの学力検査に先立って行う。それまでの共通一次試験に代わるものとして1990年(平成2)から実施。センター試験。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大学入試センター試験
だいがくにゅうしせんたーしけん

大学入学志願者を対象とし、高等学校における基礎的な学習の達成度を判定するために大学入試センターが実施する試験。1990年度(平成2)以降、1年に1回、1月中旬に全国一斉に行われている。全国すべての国公立大学と多くの私立大学が採用している。各大学・学部は、教科・科目等を自由に選択指定し、2、3月に各大学が行う学力試験や調査書、面接、小論文、実技等と組み合わせて入学者を判定する。1979年度(昭和54)から1989年度まで行われた共通一次試験は、難問奇問を廃した点で評価された。しかし、5教科利用を原則としたため大学間の入学難易度による序列化(輪切り)が進み、高校の進路指導をゆがめた。また国公立大学志願者に、一次、二次の試験の加重負担感を与え、国公立と私立の大学で試験方法が異なり併願がむずかしかったことなどから、臨時教育審議会の第一次答申(共通テスト創設)を受けて廃止され、その反省点を踏まえて「新テスト」として再発足した。2011年度(平成23)の志願者数は55万8984人であった。[山崎博敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大学入試センター試験の関連キーワード国立大学大学入試センターセンター試験共通一次試験公立大学法人営業職員教育試験制度国立大学の法人化愛知県の公立高入試複合選抜制度国立大学法人法案国公立大学共通第一次試験

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大学入試センター試験の関連情報