コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大学入試センター だいがくにゅうしセンター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大学入試センター
だいがくにゅうしセンター

大学入試センター試験の作成および採点,大学入試方法の改善に関する調査・研究などを行なう独立行政法人。1976年国立学校設置法に基づき国の機関として大学入試における共通学力試験の作成,実施を目的に設立された。1979年に国公立大学志願者を対象とする,第1回共通第1次学力試験を実施。1990年から共通第1次学力試験に代わって大学入試センター試験が導入され,私立大学も利用できるよう方式が改められた。1999年に制定された独立行政法人大学入試センター法に基づき,2001年独立行政法人に移行した。大学入試センター試験の一括処理業務,大学入試に関する調査・研究のほか,大学志望者への大学情報の提供も行なう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいがくにゅうし‐センター〔ダイガクニフシ‐〕【大学入試センター】

昭和52年(1977)、国公立大学共通第一次学力試験(共通一次試験)を担当するために設置された機関。昭和54年(1979)第1回共通第一次試験を実施。平成2年(1990)第1回大学入試センター試験を実施。平成13年(2001)独立行政法人へ移行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大学入試センター
だいがくにゅうしせんたー

大学入試センター試験を実施する文部科学省所管の独立行政法人。英語名はNational Center for University Entrance Examinations。独立行政法人大学入試センター法(平成11年法律第166号)に基づいて2001年(平成13)設立。本部は東京都目黒区駒場。
 1979年度(昭和54)から共通一次学力試験が開始されることとなり、1977年5月にその実施機関として大学入試センターが発足した(国立大学の共同利用機関)。2001年4月、独立行政法人化された。この間、1990年度以降、共通一次試験は大学入試センター試験に変更され、全国すべての国公立大学と多くの私立大学が採用することとなった。また、2003年から2010年までは、法科大学院の入学者選抜のための法科大学院適性試験を作成、実施していたが、2011年度からは適性試験管理委員会が新たな実施主体となっている。
 大学入試センターのおもな業務は以下のとおりである。(1)大学入試センター試験の問題作成、試験の実施、採点。(2)大学の入学者の選抜方法の改善に関する調査研究。(3)大学入学志望者の進路選択のための大学に関する情報提供。2010年4月、センター内に研究開発の中核的拠点として「入学者選抜研究機構」が発足、障害者支援、新テストの開発、大学入試評価などの研究を行っている。2011年3月時点での資本金は115億9200万円、職員数は94人。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大学入試センターの関連キーワード大学入学希望者学力評価テスト私立高の大学合格実績の水増し合格実績の上乗せ問題代々木ゼミナールリメディアル教育臨時教育審議会社会人特別選抜ICプレーヤー大学入試改革加藤 陸奥雄共通1次試験情報活用能力達成度テスト加藤陸奥雄丸山 工作東ロボくん試験制度入学試験丸山工作AO入試

大学入試センターの関連情報