コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑居友 かんきょのとも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閑居友
かんきょのとも

鎌倉時代中期の仏教説話集慶政著。慈円の著ともいう。上下2巻。 32話。承久4 (1222) 年成立。空也真如親王建礼門院など,高僧や尼,遁世者逸話などが多いが,巷談も若干ある。いずれの話にも編者の仏教思想に基づく感想が付されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんきょのとも【閑居友】

鎌倉時代の説話集。2巻。承久4年(1222)成立。著者は慶政とされる。上巻21話・下巻11話を収め、出家発心などの仏教的説話からなり、下巻は女性の話を主とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

閑居友【かんきょのとも】

鎌倉時代の説話集。上巻21話,下巻11話。慶政著。流麗な和文体で,下巻がほとんど女性を主人公とすることからも,《三宝絵詞》のように身分のある女性に献じられたものであろう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんきょのとも【閑居友】

鎌倉時代の説話集。慶政上人(けいせいしようにん)著。上下2巻,全32話。慶政上人(1189‐1268)は1217年(建保5)渡宋し,帰国後,京都西山に法華山寺を創建している。本書は,入宋前に編述していたが,帰国後,さる高貴の女性の求めに応じて最終的にまとめ,22年(貞応1)西山の草庵において完成した。上巻21話は僧侶を中心とした発心(ほつしん)談,下巻11話は女性を中心とした往生談を主とする。先行する説話集や往生伝などを参考にしており,とくに《発心集》にならった跡が顕著であるが,単純な引き写しを避け,話の後に編者の感想文を記し,類例をあげるなど,細やかなくふうをこらしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閑居友
かんきょのとも

鎌倉初期の仏教説話集。上下2巻。32話(上巻21、下巻11)を収載。1222年(承久4)成立。著者不明だが、九条良経(よしつね)の長男で入宋(にっそう)経験をもつ慶政上人(けいせいしょうにん)(1189―1268)説が有力。所載説話は、著者自身述べるように、『発心集(ほっしんしゅう)』の編纂(へんさん)上の欠点を訂し、その精神の継承、充実を図る意図をもって、先行説話集にない話材ばかりが集められている。上巻は巻末話を除き、真如(しんにょ)親王や玄賓(げんぴん)ら男性主人公の話、下巻は嫉妬(しっと)のあまり鬼になった女や建礼門院哀話など女性主人公の話で占められる。それらの説話配列には周到な配慮がみられる。本書は、一貴婦人に、発心、遁世(とんせい)、修行のあるべき姿を諭すために編まれたものであるが、同時に、著者自身の道心の指標を示すものでもあった。思想的には『摩訶止観(まかしかん)』など天台教学の影響が強い。また、長大化した説話末評語には随筆文学への萌芽(ほうが)も指摘される。[木下資一]
『新日本古典文学大系『宝物集・閑居友・比良山古人霊託』(1993・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

閑居友の関連キーワード鎌倉時代説話文学仏教文学撰集抄取り親隠者

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android