コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森治豊 おおもりはるとよ

2件 の用語解説(大森治豊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大森治豊
おおもりはるとよ

[生]嘉永5(1852).11.10. 江戸
[没]1912.2.19. 福岡
外科医。腹部外科の開拓者。 1879年東京大学医学部卒業。福岡県立病院長心得になると同時に福岡医学校で教鞭をとり,85年同校校長。翌年,帝王切開術を行なって以来次々と腹部手術を手がけ,この方面で多くの功績を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森治豊 おおもり-はるとよ

1852-1912 明治時代の外科学者。
嘉永(かえい)5年11月10日生まれ。福岡医学校長などをつとめ,明治18年帝王切開手術に成功するなど,内臓外科分野を開拓。日本外科学会の創立につくす。36年京都帝大福岡医科大学(現九大)の設立とともに学長兼付属医院長となった。明治45年2月19日死去。61歳。出羽(でわ)村山郡(山形県)出身。東京大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大森治豊の関連キーワード岩永仁雄大森清一尾見薫桂秀馬篠井金吾関口蕃樹中山恒明福田保前田友助宮本忍

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone