コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森治豊 おおもりはるとよ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大森治豊
おおもりはるとよ

[生]嘉永5(1852).11.10. 江戸
[没]1912.2.19. 福岡
外科医。腹部外科開拓者。 1879年東京大学医学部卒業。福岡県立病院長心得になると同時に福岡医学校教鞭をとり,85年同校校長。翌年帝王切開術を行なって以来次々と腹部手術を手がけ,この方面で多くの功績を残した。 1903年,京都帝国大学分校として福岡医科大学が創設されたとき,初代の学長兼付属医院長となった。 09年病気のために辞職,11年九州帝国大学名誉教授の称号を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森治豊 おおもり-はるとよ

1852-1912 明治時代の外科学者。
嘉永(かえい)5年11月10日生まれ。福岡医学校長などをつとめ,明治18年帝王切開手術に成功するなど,内臓外科分野を開拓。日本外科学会創立につくす。36年京都帝大福岡医科大学(現九大)の設立とともに学長兼付属医院長となった。明治45年2月19日死去。61歳。出羽(でわ)村山郡(山形県)出身。東京大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大森治豊の関連キーワード明治時代