コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大気圏外観測 たいきけんがいかんそく

1件 の用語解説(大気圏外観測の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たいきけんがいかんそく【大気圏外観測】

地球大気の外に出て宇宙のさまざまな現象を観測すること。地球は1cm2当り1kgに及ぶ空気の層につつまれている。われわれが生きるために必要なこの大気は外の宇宙からくる電磁波のほとんどを吸収してしまう厚い壁になっている。この大気の壁の外には太陽からプラズマの風が吹きつけてきている。1950年代以降人類は気球を使って大気の高いところに観測装置を上げたり,観測ロケットや57年以降は人工衛星を使って大気圏外に出て宇宙の外で何が起きているかを知るようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大気圏外観測の関連キーワード一次宇宙線気象再突入二次宇宙線宇宙空間磁気図品品天文地球外生命地球コロナ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone