大気混濁度(読み)たいきこんだくど(英語表記)atmospheric turbidity

  • 大気混濁度 atmospheric turbidity

世界大百科事典 第2版の解説

微粒子などで大気が混濁している度合のこと。日射に対して大気の透明度が悪くなっている度合で測定する。完全に清澄な大気は存在せず,実際の大気は塵埃(じんあい),煙,煙霧などの固体または液体の浮遊微粒子を含んでいるので,それらによって日射は消散される。 空気による日射の消散係数kと純粋な乾燥大気の消散係数kaとの比τ=k/kaをリンケLinkeの混濁因子という。すなわち,混濁因子とは大気の消散係数が乾燥空気のそれの何倍にあたるかを示す量である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大気の混濁の度合いをいう。単に混濁度とよぶことがある。大気は塵埃(じんあい)など浮遊微粒子(煙霧質の一種。エーロゾル、エアロゾルともいう)を含んでいる。これを大気の混濁という。空気の密度の違いにより屈折率の異なる気層が存在し、屈折、反射、散乱などに影響を及ぼすことがある。これを光学的混濁とよぶことがある。大気混濁度を表現する尺度としては視程が一般的であるが、日射量を測って混濁の程度を表す値が用いられる。大気の外では日射量が一定であるから、地上で日射量を測定し、日射量の減少の程度から大気混濁度を推定することができる。これを混濁因子という。日射量の減少は水蒸気量によっても左右されるので、浮遊微粒子の量による減少を知るためには、水蒸気による日射の吸収効果を除去する必要がある。波長別に日射量を測定し、浮遊微粒子の量によるものだけで混濁度を表したものを混濁係数という。

[股野宏志]

『ナショナル・リサーチ・カウンシル編、和田攻ほか訳『気中粒子状物質』(1986・東京化学同人)』『河村武著『大気環境論』(1987・朝倉書店)』『本間克典編著『実用エアロゾルの計測と評価』(1990・技報堂出版)』『日本エアロゾル学会編、高橋幹二著『エアロゾル学の基礎』(2003・森北出版)』『三崎方郎著『微粒子が気候を変える――大気環境へのもう一つの視点』(中公新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android