コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津道 おおつみち

百科事典マイペディアの解説

大津道【おおつみち】

河内(かわち)平野を東西に走る古道。《日本書紀》の壬申の乱の記述中にみえる。この道を踏襲する近世の長尾(ながお)街道は,堺の大小路(おおしょうじ)を基点に,東へ直進し当麻(たいま)寺付近の葛城市長尾に至った。
→関連項目餌香市

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおつみち【大津道】

河内平野を東西に走る直線の古道。《日本書紀》の壬申の乱(672)の記述中にみえ,当時すでに存在していたことが明らかである。約1.9km南に,大津道と並行して走る直線古道,丹比道(たじひみち)がある。古代の大津道を踏襲したのが,近世の長尾街道である。長尾街道は,堺の大小路を基点に東へ直進し,南花田(堺市南花田町),阿保茶屋(松原市阿保),一津屋(松原市一津屋町),島泉(羽曳野市島泉),小山(藤井寺市小山)に至る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の大津道の言及

【道】より

…直線古道は現在までのところ,大和と河内においてのみ確認されている。すなわち大和では東西道の横大路,南北道の上ッ道・中ッ道・下ッ道であり,河内では東西道の大津道丹比道(たじひみち),南北道の難波大道である。これらの諸道は難波大道を除いて,すべて《日本書紀》の壬申の乱の記事中にその名が見えているので,672年(天武1)以前に敷設されたことが確実である。…

※「大津道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大津道の関連キーワード河内平野当麻寺式内社

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android