コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹比道 たじひみち

2件 の用語解説(丹比道の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

丹比道【たじひみち】

和泉国から南河内を東西に横断して南大和に通じたとされる古代の道。堺(現大阪府堺市)を起点にした江戸時代の竹内(たけのうち)街道とほぼ一致する。《日本書紀》の壬申の乱関係の記事に丹比道・大津道がみえ,古くから丹比と呼ばれた地域を通ったこと,高安(たかやす)城(現八尾市)から望見する位置にあることなどがわかる。
→関連項目磯長谷竹内街道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たじひみち【丹比道】

河内平野を東西に走っていた直線古道。その名称は,大津道とともに,《日本書紀》の壬申の乱の記述中に見えている。近世の竹内街道長尾街道は,それぞれ丹比道,大津道の後身と考えられる。両道は,約1.9kmの間隔を保ちながら,ほぼ真東西に平行して走る。ただ,その間隔は,大和平野を南北に縦走する上・中・下ッ道が,正しく古代の4里(約2.1km)であるのに対し,整数里にならず,計画性を持たない。丹比道の東の起点は,応神陵古墳の後円部南側で,堺市金岡町の金岡神社までまっすぐに伸び,そこから北西に方向を転じ,堺市北三国ヶ丘2丁目に所在する方違神社付近で大津道に合流する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の丹比道の言及

【竹内街道】より

…近世においては,竹内~竹内峠~山田~春日~飛鳥~駒ヶ谷~古市~軽墓~野野上~樫山~岡~野遠~金田~黒土~堺の道順をたどる。金田(堺市金岡町)所在の金岡神社と,樫山と野野上の中間点(松原市立部2丁目付近)まではほぼ直線であり,古代の東西に走る直線古道,丹比道(たじひみち)の面影をよく残している。《日本書紀》の壬申の乱の記述中にもみえる丹比道は,金岡神社と応神天皇陵後円部を結ぶ直線古道である。…

【道】より

…直線古道は現在までのところ,大和と河内においてのみ確認されている。すなわち大和では東西道の横大路,南北道の上ッ道・中ッ道・下ッ道であり,河内では東西道の大津道丹比道(たじひみち),南北道の難波大道である。これらの諸道は難波大道を除いて,すべて《日本書紀》の壬申の乱の記事中にその名が見えているので,672年(天武1)以前に敷設されたことが確実である。…

※「丹比道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone