コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大瀬甚太郎 おおせじんたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大瀬甚太郎
おおせじんたろう

[生]慶応1(1865).金沢
[没]1944. 東京
教育学者。東京帝国大学文科大学で哲学を修める。在学中 E.ハウスクネヒト教育学講義を聴講。 1892年留学,ベルリン,ライプチヒイェナ,パリの諸大学で教育学,心理学を研究。 97年帰国して東京高等師範学校教授。 1929年東京文理科大学教授,同学長兼東京高等師範学校長に就任。 34年退官。 J.ヘルバルト,F.シュライエルマッハー,P.ナトルプ,J.デューイ,G.ケルシェンシュタイナーなど欧米教育学者の所説の中正な紹介に努めた。著書『教育学』 (1891) ,『実用教育学』 (1905) ,『欧米教育史』 (25) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大瀬甚太郎 おおせ-じんたろう

1866*-1944 明治-昭和時代前期の教育学者。
慶応元年12月24日生まれ。明治26年からドイツ,フランスに留学。東京高師教授をへて,昭和4年東京文理大教授,のち学長。ヨーロッパの教育史・教育学を研究し,「欧州教育史」をあらわした。昭和19年5月29日死去。80歳。加賀(石川県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大瀬甚太郎
おおせじんたろう
(1865―1944)

教育学者。加賀国(石川県)金沢に生まれる。1889年(明治22)東京帝国大学哲学科卒業。第五高等中学校教授、東京高等師範学校教授を経て、東京文理科大学(現、筑波(つくば)大学)教授、同学長となる。初め心理学、西洋史の研究から出発したが、教育学へ転じ、ヘルバルト派教育学に拠(よ)りつつ、包括的な理論を示した。また、欧米教育史の研究にも先駆的な業績を残し、堅実な学風で知られている。主著に『教育学』(1891)、『欧洲(おうしゅう)教育史』(1917)がある。[三原芳一]
『藤原喜代蔵著『明治・大正・昭和教育思想学説人物史 第1巻 明治前期篇』(1942・東亜政経社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大瀬甚太郎の関連キーワードヘルバルト学派

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android