コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大牢/太牢 タイロウ

1件 の用語解説(大牢/太牢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たい‐ろう〔‐ラウ〕【大×牢/太×牢】

中国で、天子が社稷(しゃしょく)を祭るときの、牛・羊・豚などの供え物
りっぱな料理。ごちそう。
「―の滋味、煮焼て一鍋三百銅」〈魯文安愚楽鍋
江戸時代、江戸小伝馬町の牢で戸籍のある庶民の犯罪者を入れた牢。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大牢/太牢の言及

【牢屋】より

…練塀と堀に囲まれた約2600坪余の敷地の中には,獄舎のほか,囚獄(牢屋の長)石出帯刀(たてわき)や牢役人の住居・詰所(つめしよ),死刑場,拷問場などが付属していた。獄舎には旗本(ただし500石以上は大名等に預ける)や格式の高い神官・僧侶を収監する揚座敷(あがりざしき),御家人・藩士・神官・僧侶等を入れる揚屋(あがりや),庶民を収容する狭義の牢,すなわち大牢(たいろう),二間牢(にけんろう),百姓牢の区別があった。女性は全部揚屋の一つに集め,これを女牢と称した。…

※「大牢/太牢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大牢/太牢の関連キーワード写植社稷暗赭色赭色社稷の臣社壇宗社廟社社稷墟となる

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone