コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大社会 だいしゃかい great society

2件 の用語解説(大社会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大社会
だいしゃかい
great society

イギリスの政治,社会学者 G.ウォーラス現代社会を評して用いた言葉。彼は,現代における機械,交通,運輸,および通信の発達が文明生活の状態を一変させ,人々の作業と思考と感情とをきわめて広範な世界的規模で結合させるとともに,それに伴う諸問題が生じてきたことを述べ,こうした社会状態を大社会と呼んで,それに固有の注目を集めるべきことを主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大社会
だいしゃかい
the great society

イギリスの政治学者G・ウォラスによって提起されたことばで、経済学の大工業the great industryに対して、それによって大きく変貌(へんぼう)させられた現代社会の姿をいう。大工業を発達させた科学技術は、エネルギーの限界や人や商品の輸送の限界、およびコミュニケーションの限界などを一挙に取り去り、われわれの生きている社会を世界大の規模に拡大するとともに、人間活動のあらゆる側面を結び付けた。このため、それまでの人間の本能や習慣や知性の多くが通用しないものとなり、新しい社会に対する対応を改めて求められることになる。後の大衆社会論の前提の一つとなった用語である。[庄司興吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大社会の関連キーワードウォーラスベントリーメノンラスキエヴォーラ森永 コーラスウォーター恋のウォータールーラスト・フォー・ライフ河合秀和綿貫譲治

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大社会の関連情報