コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大社会 だいしゃかいgreat society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大社会
だいしゃかい
great society

イギリスの政治,社会学者 G.ウォーラス現代社会を評して用いた言葉。彼は,現代における機械,交通,運輸,および通信の発達が文明生活の状態を一変させ,人々の作業と思考と感情とをきわめて広範な世界的規模で結合させるとともに,それに伴う諸問題が生じてきたことを述べ,こうした社会状態を大社会と呼んで,それに固有の注目を集めるべきことを主張した。彼は,こうした大社会の発展がはたしてこれまで考えられていたように,正しい方向をさしているか否かを疑問視している。「大社会」の語は現代社会の特質を指摘するために用いられた最初の用語であり,やがて大衆社会の観念に発達した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大社会
だいしゃかい
the great society

イギリスの政治学者G・ウォラスによって提起されたことばで、経済学の大工業the great industryに対して、それによって大きく変貌(へんぼう)させられた現代社会の姿をいう。大工業を発達させた科学技術は、エネルギーの限界や人や商品の輸送の限界、およびコミュニケーションの限界などを一挙に取り去り、われわれの生きている社会を世界大の規模に拡大するとともに、人間活動のあらゆる側面を結び付けた。このため、それまでの人間の本能や習慣や知性の多くが通用しないものとなり、新しい社会に対する対応を改めて求められることになる。後の大衆社会論の前提の一つとなった用語である。[庄司興吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大社会の関連キーワードジェイムズ・トーマス ファレルK.A. ウィットフォーゲルJ.A.A. ストックウィン大槌町の仮設住宅入居者調査グラハム ウォーラスE.F. ボーゲルいしいひさいち石田 龍次郎山中 篤太郎山之内 一郎長谷川 良信足尾鉱毒事件鈴木 鴻一郎高橋幸八郎山之内一郎氏原正治郎弘法 春見増淵 竜夫安良城盛昭板垣 守正

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大社会の関連情報