コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天中 てんちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天中 てんちゅう

?-? 江戸時代後期の僧。
曹洞(そうとう)宗。尾張(おわり)(愛知県)瀬戸の陶工徒弟からとなる。のち肥後(熊本県)天草東向寺住持。文化元年(1804)加藤民吉が九州で修業をし,磁器の製法を研究する際,天草の陶工を紹介するなどの世話をやいた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天中の関連キーワードレコード(音を記録した物体)天中軒 雲月(4代目)東家 浦太郎(初代)松田町のふるさと鉄道天中軒雲月(4代)金光 弥一兵衛猪野毛 利栄金光弥一兵衛深沢 豊太郎松平 国十郎永田 とよ子山家鳥虫歌3月31日天津 羽衣山本 太一天中軒雲月アガロース伊丹 秀子日高 重孝田中惣五郎

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天中の関連情報