コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太刀魚 タチウオ

2件 の用語解説(太刀魚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たち‐うお〔‐うを〕【太刀魚】

スズキ目タチウオ科の海水魚。全長約1.5メートル。体は細長く側扁が著しい。尾端は糸状。歯は鋭い。体表はうろこがなくてグアニンで覆われ、銀白色。海中では頭を上にして、直立している。世界の暖海に分布し、夏季、西日本に近づく。食用のほか、表皮のグアニン模造真珠の塗料に利用。老齢の個体にまれに骨腫見られるが、その肉を食しても害はない。 秋》「―をぬたにすべくも習ひけり/青々

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たちうお【太刀魚】

スズキ目の海魚。全長1.5メートルに達する。体は銀白色で細長く側扁し、太刀状となる。背びれは全背縁に発達するが、尾びれと腹びれはない。体表からとれるグアニンは模造真珠の光沢をつけるために使う。暖海に広く分布。食用。タチ。タチノウオ。 [季] 秋。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太刀魚の関連情報