コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金沢実時 かねさわさねとき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金沢実時
かねさわさねとき

[生]元仁1(1224)
[没]建治2(1276).10.23. 武蔵,六浦
鎌倉時代中期の武将。北条義時の孫で実泰の子。武蔵六浦荘金沢に別荘を営み,金沢殿などと呼ばれた (金沢が家名となるのは孫貞顕のとき) 。文暦1 (1234) 年小侍所別当となって以来,引付衆,評定衆,越後守,引付頭人,越訴奉行などを歴任,執権経時,時頼,時宗を補佐した。学問を好み,儒者清原教隆に師事し,みずから『群書治要』など多くの書物の収集,書写,校合に努め,これらの書物をもとに別荘内に文庫を創設した。これが金沢文庫の始りである。一方,崇仏の心も深く,称名寺を建てて称名寺殿とも称され,西大寺長老叡尊を鎌倉に招請したりした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かねざわ‐さねとき〔かねざは‐〕【金沢実時】

北条実時

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

金沢実時【かなさわさねとき】

金沢(かねさわ)実時

金沢実時【かねさわさねとき】

鎌倉時代の武将。北条氏の一門で実泰の子。北条義時の孫に当たる。幕府の小侍所(こさむらいどころ)別当,引付衆,評定(ひょうじょう)衆などを歴任,執権北条泰時・時頼を補佐した。
→関連項目太田荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金沢実時 かねざわ-さねとき

1224-1276 鎌倉時代の武将。
元仁(げんにん)元年生まれ。金沢(北条)実泰の子。小侍所別当,引付衆,評定衆,越後守(えちごのかみ),越訴(おっそ)奉行など幕府の要職を歴任。また学問をこのみ,儒者清原教隆に師事。武蔵(むさし)金沢(神奈川県)に称名寺をたて,境内に文庫をもうけて典籍の収集・書写・校訂につとめ金沢文庫の基礎をきずいた。建治(けんじ)2年10月23日死去。53歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かねさわさねとき【金沢実時】

1224‐76(元仁1‐建治2)
鎌倉中期の武将。北条実泰の子,執権義時の孫にあたる。官位は越後守,従五位上。幕府の小侍所別当,引付衆,評定衆,引付頭,越訴奉行(おつそぶぎよう)などを歴任。1275年病により自領の武蔵国六浦(むつら)荘金沢の館に引退し,翌年10月没した。武芸とくに騎射に優れたが,学問にも早くから関心をよせ,儒家清原教隆に師事して経史,律令を学び,これを政道に生かすことにつとめたが,勉学の範囲は政治,法制にとどまらず農政,軍学,文学の分野にも及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の金沢実時の言及

【金沢文庫】より

…鎌倉中期,金沢実時によって創設された文庫。武蔵国久良岐郡六浦(むつら)荘金沢郷(現,横浜市金沢区金沢町)の居館敷地内に設けられた。…

【称名寺】より

…山号は金沢山。1260年(文応1)金沢(かねさわ)(北条)実時が建立。当初は母の菩提を弔うための念仏系の寺であったという。…

【図書館】より


[中世,近世]
 下っては,金沢(かねさわ)文庫足利学校が日本図書館史上重要である。金沢文庫は13世紀後半,金沢実時によって創設された文庫で,とりわけ3代貞顕の集書努力により大いに充実した。金沢氏滅亡後は菩提寺である称名寺の管理にゆだねられた。…

※「金沢実時」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金沢実時の関連キーワード金沢実時(かなざわさねとき)金沢実政(かねさわさねまさ)金沢文庫(かねさわぶんこ)関東往還記飛鳥井雅有引付頭人北条経時上総秀胤書物別荘文暦校合

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android