コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夫食種貸 ぶじきたねかし

世界大百科事典 第2版の解説

ぶじきたねかし【夫食種貸】

江戸時代,凶作の際に,領主農民に夫食(食料)や播種用の籾(もみ)・麦を貸与することをいう。江戸時代の農民は,収穫物のうち,農業経営・生活を維持するうえで必要な最低限の量だけ手元に留保し,残りはすべて年貢として領主に上納することを義務づけられていた。したがって,農民の生産・生活はきわめて不安定であり,凶作にみまわれると,たちまち夫食や種籾,麦が欠乏し,彼らは領主に対しその貸与をたびたび願い出た。一方,領主も,みずからの経済的基盤である農民の経営を維持する必要から,夫食種貸を行わざるをえず,領主の〈御慈悲〉に基づく〈御救〉すなわち〈御仁政〉という名目でそれを貸与した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夫食種貸の関連キーワード勤方帳

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android