コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夷草/恵比須草 エビスグサ

デジタル大辞泉の解説

えびす‐ぐさ【×夷草/恵比須草】

マメ科の一年草。高さ約1.5メートル。葉は羽状複葉で、夏、葉のわきに黄色い花を1、2個つける。さやは細長く、弓形に曲がる。種子はひし形で、漢方で決明子(けつめいし)といい薬用に、また、はぶ茶として飲用。北アメリカの原産で、日本には江戸時代に中国から渡来。ろっかくそう。
ワレモコウの別名。
シャクヤク古名。えびすぐすり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

夷草 (エビスグサ)

学名:Cassia obtusifolia
植物。マメ科一年草,園芸植物,薬用植物

夷草 (エビスグサ)

植物。芍薬の古名,河原決明・吾木香などの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

夷草/恵比須草の関連キーワード羽状複葉最上徳内決明子曾占春弓形

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android