コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良団扇 ナラウチワ

2件 の用語解説(奈良団扇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なら‐うちわ〔‐うちは〕【奈良団扇】

奈良で作られる古雅なうちわ。もと、春日神社の神官が軍扇の形にならって作ったもので、天平模様や奈良の風物などが透かし彫りしてある。禰宜(ねぎ)うちわ。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ならうちわ【奈良団扇】

江戸時代、奈良で産した楕円形のうちわ。春日神社の神官が作ったものという。歌舞伎のせりふや判じ物の絵などが描いてあった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良団扇の関連キーワード江戸払男髷在府宿預け江戸棚江戸詰め江戸味噌小江戸江戸野菜江戸時代の朝鮮通信使

奈良団扇の関連情報