コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女楽 オンナガク

デジタル大辞泉の解説

おんな‐がく〔をんな‐〕【女楽】

女ばかりで、または、女が中心となって演奏する音楽
「箏(さう)琵琶(びは)の音(ね)も合はせて、―試みさせむ」〈・若菜下〉

じょ‐がく〔ヂヨ‐〕【女楽】

奈良・平安時代、内教坊(ないきょうぼう)の妓(ぎじょ)たちによって行われた雅楽。
酒宴の席に出て、楽舞をする女性。うたいめ。
「賢者をまねき、―をさけ、沈酔を禁じ」〈古活字本保元・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんながく【女楽】

女ばかりで演奏する音楽。 「箏・琵琶の音も合はせて-試みさせむ/源氏 若菜下

じょがく【女楽】

宴席で、舞踊・音曲などで興をそえる女。 「賢者をまねき、-をさけ/保元 下・古活字本
奈良・平安時代、宮中で行われた内教坊の舞姫の楽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の女楽の言及

【楽師】より

…ただ楽師の名が師某として多く現れるのは雅俗の混乱を嫌った周以後で,絶対音高を定める鐘を聞きわける聴覚をそなえ(《呂氏春秋》長見の師曠(しこう)),音楽を写譜する能力をもった(《韓非子》十過の師涓(しけん))者として描かれている。だが楽師はその才能にもかかわらず,女楽(歌伎)と同様に贈与物とされた(《左氏伝》襄公)のは,自分自身を賤工と卑下する意識(《楽記》師乙)と表裏をなして芸術家の自負をもちえず,すでに司馬遷によって楽師は技術屋と蔑視される(《史記》楽書)社会通念をもたらした。それは漢朝(前3世紀)が太常寺を設置して音楽を管理した際,829人の楽人中に多数の官奴を含んでいたことや,北魏(4世紀)より楽工制度が開かれ,盗賊や殺人のかどで死罪となった者の妻子,戦乱による捕虜,およびその家族を奴隷として楽戸としたのは,楽人に対する身分的偏見を定着させた。…

※「女楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

女楽の関連キーワードキーセン(妓生)やなぎ 女楽悋惜・吝惜平安時代古活字本石川色子朝鮮演劇女楽の拝五節舞内教坊琵琶宮中舞踊賢者舞姫奈良保元小歌妓生宴席

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android