コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女真語 じょしんごNuchen(Juchen) language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女真語
じょしんご
Nuchen(Juchen) language

中国の朝 (1115~1234) を建てた女真言語。明朝まで用いられたが,現在は死語となっている。その言語は,女真文字で書かれた 12~13世紀の碑文や,『華夷訳語』中の「女直 (館) 訳語」の語彙から知られる。女真文字はいまだ完全に解読されてはいないが,これまでの研究の結果,ツングース語に属することが明らかになっており,なかでも満州語と近い関係にあるといわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょしん‐ご〔ヂヨシン‐〕【女真語】

女真族の言語。ツングース語に属する。独自の文字である女真文字をもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

女真語【じょしんご】

女真族の言語で死語。漢字から作られた女真文字を使用,時代の碑文少数,明代の文献もわずかに残っている。満州語と最も近いツングース諸語の一つとされるが,解読はまだ完全ではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の女真語の言及

【女真文字】より

…女真語を書き表す文字。女真語はツングース・満州諸言語(ツングース諸語)の一つで,これらの言語のうちでも系統的に満州語に最も近い。…

※「女真語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

女真語の関連キーワードボギレ(勃極烈)金(中国の王朝)ボギン(孛菫)世宗(金)猛安・謀克世宗[金]章宗[金]後藤二郎女真族会寧府豆満江勃極烈章宗中人

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android