コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女護が島 ニョゴガシマ

3件 の用語解説(女護が島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にょご‐が‐しま【女護が島】

女性だけが住むという想像上の島。近世の日本では八丈島がこれに擬せられた。にょごのしま。
女性ばかり居る場所。古く、大奥や吉原の遊里などをたとえていう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にょごがしま【女護が島】

女護の島 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女護が島
にょごがしま

女護の島、女人(にょにん)国ともいう。洋上はるかにあって女性だけが住んでいるという想像上の島。御伽(おとぎ)草子『御曹子島渡(おんぞうししまわたり)』に、義経(よしつね)が巡った島の一つに女護の島が登場する。この島の女は南風を身体に受けて孕(はら)み、生まれてくる子供はすべて女子であると記している。井原西鶴(さいかく)の『好色一代男』では、主人公の世之介(よのすけ)が女のつかみどりをせんと、好色丸という船を仕立てて友人とともに女護の島目ざして船出する。滝沢馬琴の『椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)』には、伊豆の大島に流された源為朝(ためとも)が島々を巡ることを思い立ち、女護が島に到着する。ここでは、男は鬼が島に、女はこの島に住み、年に一度、南風の吹く日に男が来島して契りを結ぶ。もし、男が生まれれば鬼が島に送り、男女がともに暮らすと海神の祟(たた)りを受けるという。このいわれを聞いた為朝は、自ら島の娘を娶(めと)り、双子をもうけて男女が同棲(どうせい)することの理を説いたと記している。近世には、女護が島を実在の島であるとする風説が根強く、『甲子夜話(かっしやわ)』『八丈筆記(はちじょうひっき)』『鋸屑譚(おがくずばなし)』などは、これを八丈島としている。同島の方言で長女を仁与吾(によこ)とよぶことや、島の船着場に草履(ぞうり)を並べ、自分の置いた草履を履いた来島者を歓迎する風習があったからであるという。江戸期の『仙台間語(かんご)』には、女国は薩州(さっしゅう)(鹿児島県)の甑(こしき)島だとあり、この島が文人たちによってさまざまに解釈された跡がうかがえる。[野村純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

女護が島の関連キーワード阿耨達池鬼が住むか蛇が住むか小人国大人国タイムトンネル椿嶺手長島天維青鬼赤鬼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

女護が島の関連情報