コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無住一円 むじゅういちえん

1件 の用語解説(無住一円の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無住一円
むじゅういちえん

[生]嘉禄2(1226).12.28. 鎌倉
[没]正和1(1312).10. 桑名
鎌倉時代後期の臨済宗の僧。字は道鏡 (暁) 。無住は号。梶原景時の一族という。 18歳のとき常陸法音寺で得度。初め天台,戒律,法相,浄土など諸学を修め,36歳のとき東福寺に入って円爾について灌頂を受け,禅・密を学ぶなど,各宗に遊学した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無住一円の関連キーワード尊信嘉禄僻案抄卜部兼頼持明院家行平兼親藤原成子(2)藤原信定北条時村(1)隆円(2)