コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無住一円 むじゅういちえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無住一円
むじゅういちえん

[生]嘉禄2(1226).12.28. 鎌倉
[没]正和1(1312).10. 桑名
鎌倉時代後期の臨済宗の僧。字は道鏡 (暁) 。無住は号。梶原景時の一族という。 18歳のとき常陸法音寺で得度。初め天台,戒律,法相,浄土など諸学を修め,36歳のとき東福寺に入って円爾について灌頂を受け,禅・密を学ぶなど,各宗に遊学した。弘長3 (1263) 年尾張の長母寺の開山となり,弘安4 (81) 年には後宇多天皇の詔によって一条実経に再三東福寺に住持することをすすめられたが固辞し,尾張,伊勢地方の教化に努めた。勅諡は大円国師。著書が多く,特に『沙石集』は有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

無住一円の関連キーワード後宇多天皇一条実経大円国師梶原景時臨済宗雑談集妻鏡勅諡弘安得度道鏡円爾弘長無住灌頂

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android