コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無住一円 むじゅういちえん

1件 の用語解説(無住一円の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無住一円
むじゅういちえん

[生]嘉禄2(1226).12.28. 鎌倉
[没]正和1(1312).10. 桑名
鎌倉時代後期の臨済宗の僧。字は道鏡 (暁) 。無住は号。梶原景時の一族という。 18歳のとき常陸法音寺で得度。初め天台,戒律,法相,浄土など諸学を修め,36歳のとき東福寺に入って円爾について灌頂を受け,禅・密を学ぶなど,各宗に遊学した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

無住一円の関連キーワードルイ[9世]キリスト教系教会謝枋得専修寺僻案抄無学祖元頼瑜ルイカルメル会サーディー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone