コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学級経営 がっきゅうけいえいclass management

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

学級経営
がっきゅうけいえい
class management

学校における児童,生徒の基本的な活動単位である学級を,教育的な目的に即して組織化し,教育活動を充実させていく教師の仕事。法規の適用,諸事務の処理によって学級の教育条件を維持し,運営を遅滞なくする学級管理とは異なり,教師の主体的な意思に支えられた創造的活動であると理解される。学級組織はもともと経済的,能率的観点から導入されたものであり,管理的発想が先行したが,学習における個人差に対する認識が深まったことや,集団生活の場としての学級の意味が理解されてきたことに伴い,学級に存する諸条件に対していかに教育的見地から働きかけていくか,という経営的発想が強調されてきた。学級経営の最近の動向は,さらに,児童,生徒の積極的な意欲を基礎とした集団的活動と,教師の創造的実践を互いにかみあったものとしてとらえようとする。学級集団づくりは個々の児童,生徒の生活意欲,学習意欲の振起を学級の人間関係の変革,学級集団の組織化,集団規律の確立を通じて達成しようとする。一方,学校経営,学年経営との関連において,学級経営が閉鎖的な学級王国に陥ることは厳に戒められなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がっきゅう‐けいえい〔ガクキフ‐〕【学級経営】

学級を教育の目的に沿って効果的に組織し運営すること。学習指導と生活指導を総合し、学級内の人間関係の発展を促すなどのほか、学級の物的環境を整備するなどの教育活動をいう。学級管理。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がっきゅうけいえい【学級経営】

小学校・中学校で、学級担任が教育の効果を高めるために学級でさまざまな活動を工夫し、実践すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学級経営
がっきゅうけいえい

学校教育上の単位組織である学級を、教育目的に従って効果的、効率的に運営すること。1989年の学習指導要領の改訂以降、「教育」から「学習」へというパラダイム(認識の枠組み)の転換によって、学習主体の行為に沿ったさまざまな集団が組織化されるようになってきたが、それでも学校教育の二つの大きな役割である学習指導(教科指導)と生徒指導は、そのいずれにあっても学級を単位とし、あるいは学級を基礎として展開されることが多い。子供にとっての学級とは学校生活の基地であり、学級担任教師は、担当する学級の責任者として、当該学級の適正な経営にあたる役割を担っている。[吉本二郎・岡東壽隆]

意義・機能

学級経営は基本的には、学校教育の目的を達成するねらいをもって行われる。学級経営は「特別活動」領域の学級活動やホームルーム活動を意味する場合もあるが、児童・生徒が学校での学習や生活を、適正に展開するための重要な機能として働くものと考えてよい。実際には学級担任教師は、学級の学習効果を高めるためのくふうを凝らし、学習のための条件整備を行う、という重要な機能を働かせるが、その過程で学級集団の生活を指導し、調整することによって、社会的訓練という重要な教育的意義をも果たしている。学級経営はこうして、学習条件の整備と、それ自体が教育であること、の両側面を備えている。
 注意すべきことは、経営という語に幻惑されて、学級経営を条件整備を中心とする学校経営の単なる縮小版とみないことである。教育学者の沢正は明治末期に「学校経営の中核は学級経営にある」といったが、学級において、集団の学習目標への達成意欲と集団の秩序ある積極的な学習態度があれば、優れた学校経営と評価される。慣用的に使われる学級経営ということばは、実態としては学級の「教育」が中枢であって、学級の全教育活動のなかで、直接的な授業活動を除くすべての教育活動が学級経営に含まれる。学級経営にあたって、児童・生徒は学習の主体であり、教授の対象として存在している。[吉本二郎・岡東壽隆]

仕事の内容

学級担任は担任する学級に絶えず配意して、学級の成長に努めなければならないが、その主要な仕事の内容は次のようである。
(1)学級教育の組織化 所与の学級はその成員の学力や性向からみてきわめて多様性をもつ集団である。しかも、中学校の場合は、学習面で多数の教師の指導を受け、生徒が自己統一的に自分を形成する困難を伴うことが多い。学級担任は、学級全体の教育・学習状況がどのようになっているのかを正しく把握し、学習への適応(学習意欲や態度の涵養(かんよう))を促進する努力を怠ってはならない。
(2)学級づくり 学級集団には成員と担任教師のあり方などによって、おのずから個性的な雰囲気や特有の行動様式が生まれるが、意識的に集団機能を活用して、生気ある優れた学級をつくる必要がある。学級の教育目標を設定し、集団内の各人の役割分担を明確にし、活動的で明るい人間関係のもとでの級風を醸成するなど、この分野で教師がなすべき仕事は多い。学級づくりは、とくにそれ自身が民主的な社会人育成の重要な教育事項であるので、重視されなければならない。
(3)環境の整備 施設、設備などの巨大な物的条件の整備は学校経営にまつべきであるが、所与の条件のもとで、学級ごとに教育条件を整えることが必要になる。座席の位置、学習に応じた態勢、集団の形成などが伝統的な仕事であるが、今日では電子的なマルチメディア機器の管理なども行わなければならない。
(4)学級事務の処理 出席簿、学級会計、学級備品の整理・活用、また学級の保護者との協力関係などがここに該当する。ただし、保護者との教育連携や、地域社会の有能な人材を指導者に迎えるなど、静的な事務管理よりも対人関係を要する重要な仕事が増加している。
(5)これらの仕事に加えて、1980年代中葉以降は学級の壁を取り払い、学年や学校全体という単位で教育を展開することが増加した。学年担任を同じくするものだけでなく、ティーム・ティーチング(TT)のための加配教師や外部の非常勤講師とともにTTや個別指導を行ったり、体験学習を行うことも多い。また、荒れた学級の多い学校にも特別に教員が加配されることがある。このようなときには、児童・生徒がどのように動くかを予想したり、教師間の連携・協力を密にするなど、事前の準備が必要であり、児童・生徒に対する学習へのレディネス(構え)や動機づけが大きな課題となる。[吉本二郎・岡東壽隆]

留意点

学級経営に際しては、もとより学級担任の責任は重大であるが、そのゆえに、ともすると学級ごとに孤立する、いわゆる「学級王国」に陥りやすいことを警戒する必要がある。学校教育が多面的に構成される現代では、担任は学校生活全体における児童・生徒の情報を得ること、情報処理後に関係教師に正当な情報提供をすることが求められる。このために、開かれた学級経営を目ざし、また学年協力体制をとって、学年・学級経営を一体化することが重要である。さらに個々の教師が学校生活のどのような場面にも参与する姿勢を保つことがたいせつである。たとえば、自分の授業をほかの教師に一切公開しない、といった態度は避けなければならない。
 このような教師の努力をもってしても、学級経営が円滑にいくとは限らない。同僚とよりも、むしろ学習者との人間関係をどのように構築するかが問われている。1990年代後半に頻繁に報道され始めた少年犯罪の凶悪化、「援助交際」などの流行性非行、校内外の暴力行為、個性をはき違えた異様な外見の横行(保護者の許容的態度も問題)、学級崩壊やいじめ、あるいは不登校(登校拒否)などの現象は、学級経営における教師の権威どころか、「学級王国」論さえ吹き飛ばすものである。従来は教授・学習を忌避する児童・生徒が訓育を忌避するという強い連関がみられたが、教授・学習に優れた成績を示す児童・生徒にも訓育を忌避する傾向が顕著となっている。教師側は「子供の人権尊重」によって厳しい懲戒ができないことを主因とするが、指導力の不足等を反省しないばかりか、子供の変化に気づかない教師の増加も影響している。教育・学習における個性化の質を問うと同時に、心の安寧を図る仕事が学級経営に期待されている。[吉本二郎・岡東壽隆]
『下村哲夫著『教育学大全集14 学年・学級経営』(1982・第一法規出版) ▽高階玲治著『開かれた学年・学級経営の展開』(1978・明治図書出版) ▽佐藤学著『教室からの改革――日米の現状から』(1989・国土社) ▽葉養正明・浜田博文編著『教育組織論概説』(1995・紫峰図書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

学級経営の関連キーワードCMI(Computer Managed Instruction)ホーム・ルーム武田 一郎武田一郎教育工学単級学校教育技術中学校小学校

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学級経営の関連情報