コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇多野 うだの

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇多野
うたの

京都市右京区、双ヶ丘(ならびがおか)西方の福王寺、鳴滝(なるたき)を含む一帯の地。京福電鉄北野線が通じる。『日本後紀』には宇太野と記され、「山陵の地と定む」とあり、9~10世紀の光孝(こうこう)、村上(むらかみ)、円融(えんゆう)の3天皇の陵墓がある。また禁野(きんや)として、天皇の鷹狩(たかがり)の猟場とされていた。花山院(かざんいん)藤原師継(もろつぐ)の山荘を改築して建立された妙光寺(みょうこうじ)は、花山院家の菩提寺(ぼだいじ)となり、南朝との関係が深い。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宇多野の言及

【宇太野】より

…宇多野とも書く。京都市北西郊の右京区宇多野周辺の地をいう。…

※「宇多野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宇多野の関連キーワード高山寺境内村上天皇桓武天皇織田武雄宇多天皇円融天皇光孝天皇陽明文庫花山院宇太野宇多鷹狩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇多野の関連情報