コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇治橋姫 うじのはしひめ

2件 の用語解説(宇治橋姫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇治橋姫 うじのはしひめ

民間に伝承された神。
山城(京都府)の宇治橋をまもり,橋姫神社にまつられる。嫉妬(しっと)ぶかく,嫁入りのとき橋をわたってはならないといわれた。「古今和歌集」でうたわれたのが最初。のち藤原清輔(きよすけ)の「奥儀抄(おうぎしょう)」では嫉妬ぶかい女性,屋代本「平家物語」剣(つるぎの)巻では鬼女としてつたえられている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宇治橋姫

『古今為家抄』などの歌学書,『平家物語』や謡曲の「鉄輪」に登場する橋姫伝説の主人公。嫉妬に狂い,自分を捨てた男に恨みを晴らそうとして,生きながら鬼となる。屋代本『平家物語』剣の巻では,貴船神社(京都市左京区)に丑の刻参りをした女は,託宣にしたがって頭に鉄輪をのせ,宇治川に浸って鬼に変身するという。この伝説は男支配の社会に生きた女たちの心をとらえ,丑の時刻(午前2時ごろ)に神仏に参拝する「丑の刻参り」は近世以降習俗として定着し,盛んに行われた。宇治橋のほとりには宇治橋姫神社があり,現在でも多くの人々の信仰を集めている。<参考文献>網野善彦,大西広,佐竹昭広『天の橋 地の橋』

(小松和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇治橋姫の関連キーワード軍記物語源平盛衰記鵯越八雲御抄歌学書葉室時長平家『平家物語』佐々木八郎藤原時長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone