コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下蒲刈島 しもかまがりじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下蒲刈島
しもかまがりじま

広島県南部,芸予諸島西部の島。呉市下蒲刈地区の主要部を構成。同市仁方の沖合いに位置し,三之瀬をへだてて東は上蒲刈島に続く。全島が山地で,北部は石灰岩,大部分は花崗岩からなる。北西部の海岸にわずかの水田が開け,三之瀬と南の大地蔵に集落がある。 1978年上蒲刈島と結ぶ蒲刈大橋が完成した。面積 7.93km2。人口 2223 (2000) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しもかまがり‐じま【下蒲刈島】

広島県南部、瀬戸内海の芸予諸島中の島。呉(くれ)市に属する。面積8平方キロメートル。ミカンの栽培が盛ん。三之瀬地区は古くから海上交通の要所として栄え、江戸時代には朝鮮通信使の宿舎が建てられた。本州とは安芸灘(あきなだ)大橋(長さ1175メートル)で結ばれている。三之瀬瀬戸をはさんで東に上蒲刈島が位置し、蒲刈大橋で結ばれている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕下蒲刈島(しもかまがりじま)


瀬戸内海西部、芸予(げいよ)諸島西部に位置する島。面積8.0km2。広島県呉(くれ)市に属する。大平(おおひら)山(標高275m)を主峰とする山がちの島で、平地に乏しい。ミカン栽培が盛んで山頂近くまで果樹園がある。2000年(平成12)に開通した県道路公社の有料道路の安芸灘(あきなだ)大橋が呉市川尻(かわじり)町との間を結ぶ。東の上(かみ)蒲刈島との間には蒲刈大橋が架かる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下蒲刈島
しもかまがりじま

広島県南部、芸予(げいよ)諸島西端にある島。面積7.97平方キロメートル。呉(くれ)市下蒲刈町に属する。北部は女猫(めねこ)の瀬戸に安芸灘(あきなだ)大橋が架かり呉市本土とつながり、東は約300メートルの三之瀬(さんのせ)瀬戸に蒲刈大橋が架かり上蒲刈島と結ぶ。島の最高点は289メートル。全島やや険しい丘陵地で、丘陵斜面はミカン類のほか、イチゴ、野菜やいも類が栽培される。沿岸では漁業も行われるが、専業は少ない。島の北部の白崎では石灰岩の採掘も行われる。人口2223(2000)。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

下蒲刈島の関連キーワード下蒲刈[町]下蒲刈〈町〉蒲刈[町]広島(県)呉(市)果樹園下黒島上黒島主峰

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下蒲刈島の関連情報