コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香寺 こうでら

4件 の用語解説(香寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

香寺
こうでら

兵庫県南部,姫路市中東部の旧町域。市川中流域にある。 1954年香呂村,中寺村の2村が合体して香寺町成立。 2006年姫路市に編入。近郊農業が主であったが,1960年代初めから西部の丘陵地で大規模な住宅地化が進み,市川の河川敷には機械,食品などの工場が進出,工業化が著しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐でら〔カウ‐〕【香寺】

Chua Huong》⇒フォーン寺

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうでら【香寺】

兵庫県中央部、姫路市の地名。但馬たじま街道沿いの要地。近郊農業・住宅地域。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香寺
こうでら

兵庫県南西部、神崎(かんざき)郡にあった旧町名(香寺町(ちょう))。現在は姫路(ひめじ)市の中部東寄りを占める一地区。旧香寺町は1954年(昭和29)香呂(こうろ)、中寺(なかでら)の2村が合併して町制施行。2006年(平成18)姫路市に編入。市川右岸にあって、東部をJR播但(ばんたん)線と国道312号が南北に走る。条里遺構の分布など開発は古い。播磨(はりま)工業地域の発展で、米作中心の農村からイチゴ、野菜などを栽培する近郊型農村に変貌(へんぼう)するとともに、大規模な宅地造成で人口の流入が著しい。平安時代の儒者慶滋保胤(よししげのやすたね)(寂心)ゆかりの八徳山(はっとくさん)八葉寺(はちようじ)、極楽寺経塚がある常福寺のほか、民俗資料館、日本玩具(がんぐ)博物館、ハーブガーデンがある。[大槻 守]
『『香寺町史編集資料目録集』(1999~ ・香寺町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香寺の関連キーワード兵庫県姫路市青山兵庫県姫路市市川台兵庫県姫路市市川橋通兵庫県姫路市太市中兵庫県姫路市川西兵庫県姫路市川西台兵庫県姫路市中地兵庫県姫路市継兵庫県姫路市西延末兵庫県姫路市本町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香寺の関連情報