コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安曇江 あずみえ

百科事典マイペディアの解説

安曇江【あずみえ】

古代難波(なにわ)の入江海部(あまべ)の伴造(とものみやつこ)阿曇(あずみ)氏の居住地であったことによる名称であろう。《続日本紀》によると天平16年(744)2月,難波に滞在中の聖武天皇が安曇江に行幸(ぎょうこう)している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あずみえ【安曇江】

古代難波(なにわ)の地名。744年(天平16)2月,難波に滞在していた聖武天皇が安曇江に行幸したことが《続日本紀》にみえ,新羅江荘(しらぎえのしよう)に関する750年(天平勝宝2)4月の文書の四至記載の東に〈安曇江〉とある。その位置は明確でなく,大阪市南区安堂寺町の名を安曇寺の転化としてその付近とする説,京都山科の安祥寺所蔵の鐘銘に〈渡辺安曇寺〉とあることにより,淀川の天満橋上流付近とする説,1886年の大阪実測図に〈アドヱ〉の地名がみえることから,北区野崎町付近とする説など,諸説がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android