コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海人部 あまべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海人部
あまべ

大化以前の民。海浜に住み,漁業に従事し,水産物を貢上した。中央の阿曇 (あずみ) 連が各地のその首長を統率した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海人部
あまべ

大化前代の品部の一つ。海部とも書く。海産物などを貢納する義務を負った。『日本書紀』応神(おうじん)天皇5年に海人部と山守部を定めたとあるが確かでない。北九州、瀬戸内、東海、北陸など全国的に広く分布するが、各地で海(部)直(あたい)などの伴造(とものみやつこ)に統率された。しかも、海(部)直はそれぞれに出自、系統を異にするものが少なくないから、海人部は全国的規模でまとめて支配されたものではないらしい。ただし、比較的有力な中央の伴造は阿曇(あずみ)氏であった。なお、海人部は海浜に住む者も多いが、河川をさかのぼって内陸に定着する者も少なくなかったことは、山間部における海部郷などの古代地名の分布からも知られる。かかる海人部は早くから農耕民へと変身していったらしい。[黛 弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の海人部の言及

【海部】より

…大化前代に漁業と航海技術によって奉仕した部。海人部とも記す。《日本書紀》によれば,応神天皇3年諸国の海人の騒ぎを鎮めた大浜宿禰(すくね)(阿曇氏の祖)を海人の統率者とし,同5年海部を定めた,という。…

※「海人部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海人部の関連キーワード貴種流離譚しゃあ家船伴造部民

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android