コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿曇氏 あずみうじ

3件 の用語解説(阿曇氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿曇氏
あずみうじ

古代の海人 (あま) ,阿曇部を率いた豪族。『古事記』に,ウワツワタツミノカミの子孫とあり,朝廷に仕えて各地の海人を支配し,天皇の食事のことを司った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あずみうじ【阿曇氏】

古代の豪族。安曇とも記す。海部(あまべ)の伴造(とものみやつこ)として朝廷に奉仕した。その発祥地は筑前国糟屋郡阿曇郷(現,福岡市東部)と考えられている。《古事記》によれば,伊邪那岐(いざなき)神が筑紫の日向の阿波岐原(あはきはら)で禊をしたときに生成した三柱の綿津見神を祖神と仰ぎ,《新撰姓氏録》では海神綿積豊玉彦神の子穂高見命の子孫とされている。阿曇氏は早くより海人を支配しており,《日本書紀》に,応神天皇のとき,阿曇連(むらじ)の祖大浜宿禰(すくね)を遣わして諸所の海人の騒ぎを鎮めさせ,宿禰を〈海人之宰(海人の統率者)〉としたとあるのも,これまでの阿曇氏の立場が公認されたことを示すものであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿曇氏
あずみうじ

海神綿津見命(わたつみのみこと)の後裔(こうえい)と称する神別氏族。安曇氏とも記す。本姓は連(むらじ)、684年(天武天皇13)宿禰(すくね)姓を賜う。阿曇は海神(アマツミ)のことで、海人(あま)の首長の意。各地の海人や阿曇部(べ)の民を率いて大和(やまと)朝廷に海産物を貢納し、また膳(かしわで)(高橋)氏と並んで天皇の御膳に奉仕した。律令(りつりょう)時代には高橋氏とともに内膳司の長官(奉膳(ぶぜん))を世襲したが、792年(延暦11)供奉(ぐぶ)の先後を争って桓武(かんむ)天皇の勅勘を被り、以後しだいに衰退した。[黛 弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の阿曇氏の言及

【高橋氏】より

…この点に関連して,高橋氏を膳氏の支流とする説と膳氏の本宗とする説との両説がある。高橋氏は律令制の成立後は,膳氏が大化前代以来天皇の供御に奉仕した実績を背景に内膳司の長官である奉膳(ぶぜん)(あるいは判官の典膳)に任ぜられるのを常としたが,同じく奉膳として奉仕する阿曇(あずみ)氏との間に対立を生じ,とくに神事の際の行列の前後についてしばしば争った。ちなみに内膳司の長官の奉膳の定員が2名と定められているのは高橋,阿曇両氏の伝統的立場を考慮した結果と思われるが,それが両氏の対立の原因ともなった。…

【内膳司】より

…飛鳥浄御原令以前から存在した膳職が,大宝令により官人等の食事をつかさどる大膳職(だいぜんしき)と,内膳司に分立した。異例の長官2人制は,令制以前から供御をつかさどった高橋氏(膳(かしわで)氏の一族)と阿曇(あずみ)氏(海人を統率した)が相並んで奉膳に任ぜられるようにはかられたものか。他氏の者が長官となる場合は〈正〉と称した。…

※「阿曇氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿曇氏の関連キーワード海部海部・海人部山部海部古墳資料館弥生〈町〉海部男種麻呂海部金麿吉備海部羽嶋山部王和珥氏

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone