コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤百福 アンドウモモフク

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤百福 あんどう-ももふく

1910-2007 昭和-平成時代の経営者。
明治43年3月日台湾生まれ。昭和11年東洋メリヤスを設立。23年食品販売の中交総社を設立。33年急速油熱乾燥法により世界初の即席ラーメン「チキンラーメン」の商品化に成功。同年日清食品と社名変更し,35年社長。46年「カップヌードル」を発売。56年会長。日本即席食品工業協会会長。平成17年代表取締役を退任し,経営の一線から身をひいた。平成19年1月5日死去。96歳。立命館大専門部卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の安藤百福の言及

【ラーメン】より

…58年には大和通商が現在のインスタントラーメンの始まりともいえる,めんを油で揚げた〈鶏糸麵〉(味付け油揚げめん)を東京の百貨店の店頭で販売した。同年8月安藤百福が日清食品を設立,鶏糸麵と同様のものをチキンラーメンの名で,袋入り1袋(85g入り)35円で発売し,これが爆発的な売行きを示し,以降各社の新規参入がつづいた。チキンラーメンは,味付けした油で揚げた乾めんで,丼などの容器に入れ湯をかけてもどすと3分ほどで食べられる,というものであった。…

※「安藤百福」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

安藤百福の関連キーワードカップヌードルミュージアムインスタントラーメンエルビス コステロ安藤百福センターインスタント食品ラーメン(拉麺)日清食品[株]日清食品(株)安藤百福の日まんぷく3月5日

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安藤百福の関連情報