コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋元銭 そうげんせん

1件 の用語解説(宋元銭の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうげんせん【宋元銭】

中国の宋(960‐1279),元(1260‐1368)の両朝で鋳造された銅銭。とくに宋銭は日本で中世に流通した銭貨の主体であった。 10世紀中期で皇朝十二銭の鋳造が中止され准布,准絹,准米が通貨の用をなしたが,12世紀中期から宋銭を主とする中国銭の輸入がはじまり,13世紀には著増した。朝廷では一時は中国銭の通用を禁止したが,経済の発達は銭貨流通を促進することとなった。すなわち武家政治の時代となって,各地に市場が成立発達して銭貨による取引が盛んとなり,税の代銭納や田畑など不動産の売買にも銭貨使用が多くなり,その流通が拡大普及してきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宋元銭の関連キーワード宋銭元嘉古刊本睢陽宋詞南宋宋版名物切I‐20AB徐子平

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone