コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋元銭 そうげんせん

世界大百科事典 第2版の解説

そうげんせん【宋元銭】

中国の宋(960‐1279),元(1260‐1368)の両朝で鋳造された銅銭。とくに宋銭は日本で中世に流通した銭貨の主体であった。 10世紀中期で皇朝十二銭の鋳造が中止され准布,准絹,准米が通貨の用をなしたが,12世紀中期から宋銭を主とする中国銭の輸入がはじまり,13世紀には著増した。朝廷では一時は中国銭の通用を禁止したが,経済の発達は銭貨流通を促進することとなった。すなわち武家政治の時代となって,各地に市場が成立発達して銭貨による取引が盛んとなり,税の代銭納や田畑など不動産の売買にも銭貨使用が多くなり,その流通が拡大普及してきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宋元銭の関連キーワード宋(中国の王朝(960~1279))宋代美術宋銭中国史イタリア語熱原法難

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android