コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宍喰 ししくい

2件 の用語解説(宍喰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宍喰
ししくい

徳島県南部,海陽町南西部の旧町域。高知県に接し,太平洋に臨む。1924年町制。2006年海南町,海部町の 2町と合体して海陽町となった。山地が大部分を占め,中央部を貫流する宍喰川河口に市街地が開ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宍喰
ししくい

徳島県南端、海部(かいふ)郡にあった旧町名(宍喰町(ちょう))。現在は、海陽町の南西部を占める地域。太平洋に臨み、高知県境にある。旧宍喰町は、1924年(大正13)町制施行。2006年(平成18)海南、海部の2町と合併、海陽町となった。地域は山地が多く、中心街は宍喰川河口の低地にある。阿佐海岸鉄道が通じ、海岸沿いに国道55号が走る。キュウリ、イチゴ栽培が盛ん。沿岸は那佐(なさ)湾、水床(みとこ)湾などリアス式海岸が続き、室戸阿南海岸国定公園の一部。竹ヶ島は海域公園に指定されていて、海中観光船が就航している。宍喰浦の化石漣痕(れんこん)は国の天然記念物。八坂(やさか)神社は日本三祇園(ぎおん)の一つとされ、例祭には山車(だし)が出る。八朔(はっさく)(旧暦8月1日)のひな祭りはこの地域独特の行事である。国道55号沿いに、地下1000メートルから湧出(ゆうしゅつ)する宍喰温泉がある。[高木秀樹]
『『宍喰町誌』(1986・宍喰町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宍喰の関連キーワード徳島県海部郡海陽町浅川徳島県海部郡海陽町大里徳島県海部郡海陽町奥浦徳島県海部郡徳島県海部郡海陽町久保徳島県海部郡海陽町芝徳島県海部郡海陽町高園徳島県海部郡海陽町平井徳島県海部郡海陽町吉田徳島県海部郡海陽町吉野

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宍喰の関連情報