コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷沢神会 かたくじんね He-ze Shen-hui

2件 の用語解説(荷沢神会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荷沢神会
かたくじんね
He-ze Shen-hui

[生]総章1(668)
[没]上元1(760)
中国,唐の禅僧。荷沢宗の祖。禅宗第6祖慧能の門下。長安や洛陽地方において,従来盛んであった神秀の禅を批判し,慧能の禅を宣揚したが,これが南宗禅と北宗禅の対立のもととなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荷沢神会
かたくじんね
(670―762)

中国、唐代の禅僧。中国禅宗第六祖慧能(えのう)の法嗣(ほうし)で、荷沢宗の派祖。洛陽(らくよう)の荷沢寺に住したのでこのようによぶ。俗姓は高氏。襄陽(じょうよう)(湖北省)の人。10歳で五経や老荘(ろうそう)を学んでこれに通じ、『後漢書(ごかんじょ)』を読んで仏教を知り、仕官の志を捨てて出家した。その後、荊州(けいしゅう)(湖北省)玉泉寺において、北宗(漸次に悟る漸悟(ぜんご)の禅)の祖神秀(じんしゅう)に3年間師事した。701年(大足1)神秀の勧めで、南宗(直ちに悟る頓悟(とんご)の禅)の祖である曹渓(そうけい)(広東省)の慧能のもとでおよそ4年間学び、のち北遊し、受戒後ふたたび曹渓に帰り、慧能の寂年(713)までおよそ5年間師事した。『南宗定是非論(なんしゅうじょうぜひろん)』によると、734年(開元22)正月、滑台(かつだい)(河南省)大雲寺の無遮大会(むしゃだいえ)において、北宗系の崇遠(すうおん)法師と法論し、長安や洛陽で盛行していた神秀系の北宗禅を「師承(ししょう)これ傍(ぼう)、法門これ漸(ぜん)」と非難して北宗を排撃した。745年(天宝4)ごろ荷沢寺に入り、古今東西の列祖を定めて、南宗の慧能が達磨(だるま)の正系であると主張した。安禄山(あんろくざん)の乱(755)では、国家財政の窮乏を救うために、度牒(どちょう)を売り香水銭を集めて、軍費を補充する大功をたてた。宝応元年93歳で示寂。諡号(しごう)は真宗(しんそう)大師。[佐藤達玄]
『宇井伯寿著『禅宗史研究』(1939・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荷沢神会の関連キーワード組合せ階乗基底差分方程式数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学勃・歿・没三角数

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone