コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗貞茂 そう さだしげ

2件 の用語解説(宗貞茂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗貞茂 そう-さだしげ

?-1418 室町時代の武将。
宗霊鑑の子。応永5年仁位(にい)宗氏の頼茂(よりしげ)から対馬(つしま)(長崎県)の支配権をとりもどし守護となる。筑前(ちくぜん)(福岡県)の守護代として守護の少弐(しょうに)氏をたすけ北九州に出兵することがおおかったが,15年本拠を対馬三根郡佐賀にさだめて倭寇(わこう)をとりしまり,朝鮮との関係改善につとめた。応永25年4月死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宗貞茂

没年:応永25.4(1418)
生年:生年不詳
室町時代の武将。対馬守護。刑部少輔,讃岐守。法名正永(昌栄)。『宗氏家譜』など江戸時代の史書では父を頼茂とするが,同時代の朝鮮側の史料によると,父は霊鑑(法名)とある。応永5(1398)年に庶流仁位宗氏の頼茂から対馬島の支配権を奪い,守護となった。ところが同8年,貞茂の九州在陣中に,仁位宗氏の賀茂が反乱を起こし島の支配権を奪ったため,翌年対馬に帰り反乱を鎮圧,島の支配権を奪い返した。また,朝鮮と活発に通交を行い,倭寇の取り締まりにも力を入れた。太宗14(1414)年に朝鮮が,日本国王(足利氏)など10カ所の使者以外の渡航を許さないことを決めたとき,その旨を日本各地に伝えたのも貞茂であった。宗氏が日朝間において重要な地位を占める素地は,貞茂の代に作られたといえる。その死に際して,朝鮮は弔慰使をわざわざ対馬に派遣して,これを弔っている。<参考文献>『長崎県史 古代・中世編』

(佐伯弘次)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宗貞茂の言及

【対馬島】より

…15世紀に入ると,朝鮮は日本人の渡航先を釜山浦・薺浦・塩浦(三浦(さんぽ))に限るなど,さまざまな統制策をとった。宗氏が朝鮮関係に本格的に登場するのは宗貞茂からで,貞茂は朝鮮に頻繁に使を派し,1408年(応永15)対馬に本拠を移して島内統治と倭寇禁圧に努めた。貞茂没後朝鮮は倭寇再発を危惧し,19年対馬征討の軍を起こした(応永の外寇)が,その後は宗氏を優遇,倭寇禁圧と通交貿易統制に利用する政策をとった。…

※「宗貞茂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宗貞茂の関連キーワード対馬守言茂三淵宗薫宗貞国宗貞盛宗頼茂橘常蔭土佐光周長瀬泰貞仁木義員遊佐国長

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone