命数(読み)メイスウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 生命の長さ。命のかぎり。天命。寿命。
※集義和書(1676頃)一二「五十年の命数の間」
※浄瑠璃・国性爺後日合戦(1717)嫁入式三献「天の命数二百八十一年、力なし」
② 天から与えられた運命。自然のめぐりあわせ。運命。宿命。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「自ら実に不幸なる命数(〈注〉ウン)を受けて世に生れたり」 〔李頻‐送于生入蜀詩〕
③ 数学で、ある数に名称を与えること。ある一つの数に名をつけて、計算しやすいようにすること。また、その数。→命数法

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android