定礎式(読み)ていそしき(英語表記)laying of cornerstone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定礎式
ていそしき
laying of cornerstone

洋風建築で,工事の開始を記念して礎石 (柱下に据える石) を据える儀式。遠く,ギリシア・ローマ時代に,着工の際,宗教,政治上の儀式として行われたのが始りといわれる。古代においても奉献物や記念物を地中入することが行われたが,J.ゲーテの小説『親和力』 (1809) にもそうした慣習が続いていたことが示されている。現在では施工主などが,起工日その他を記録した石材などを,建造物へはめこんで保存するため,敷地に据え,工事の開始を祝うという趣旨のものとなっている (→コーナーストーン ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ていそ‐しき【定礎式】

〘名〙 建築の工事をはじめるときの式。
※時事新報‐明治一八年(1885)一二月二四日「今度新築する礼拝堂、集書館の定礎式を執行したり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

定礎式【ていそしき】

建設工事の開始を記念して礎石をすえつける西洋風の儀式。鉄筋コンクリート工事などでは,コンクリート打ちの終了後に行い,工事年月日などを記した石材や金属板を取り付けることが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ていそしき【定礎式 corner stone laying ceremony】

建設工事の開始を記念するとともに,建物の安泰を祈って行われる西洋風の儀式。建物が石造の場合は隅石を,煉瓦造の場合は根石その他の石を据え付ける。この儀式は現代にも受け継がれているが,鉄筋コンクリート造の建物などではコンクリート工事が終わった段階で行われ,年月日,〈定礎〉の文字などを刻んだ石板や金属板(定礎板)を外壁にはめ込んだり,建築図面などを収めた金属製の箱(定礎箱)を定礎板とともに設置する。【岩崎 正義】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android