コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宜野湾[市] ぎのわん

百科事典マイペディアの解説

宜野湾[市]【ぎのわん】

沖縄県,沖縄島南部,西海岸の市。1962年市制。市域の約3分の1は米軍基地で,中央部を普天間飛行場が占める。西海岸に沖縄コンベンションセンターマリーナが立地し,琉球大学沖縄国際大学が移入するなど,学園リゾート都市として変貌を遂げつつある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎのわん【宜野湾[市]】

沖縄県,沖縄島(本島)中部西海岸にある市。1962年市制。人口8万2862(1995)。東は中城(なかぐすく)村,北は普天間川を境に北中城村,北谷(ちやたん)町,南は牧港川で浦添市に隣接する。1671年(寛文11)首里王府の新政策によって,14ヵ村で宜野湾間切が創設された。以後1879年の廃藩置県を経て1908年の特別町村制の施行で,宜野湾間切は宜野湾村と改称された。市域の大部分は西側に傾斜する台地上にあるが,市域の約33%は軍用地で,市域の中央部を占めるため,市街地はドーナツ状に発達する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

宜野湾[市]の関連キーワード新藤兼人森一生川島雄三コーマントリュフォーグレツキ埼玉西武ライオンズ野村芳太郎バディム久松静児

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android