北中城村(読み)きたなかぐすく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北中城〔村〕
きたなかぐすく

沖縄県沖縄島中部の東海岸中城湾に面する村。1946年中城村の一部が分立して村制村名は中城村の北に位置することに由来。サトウキビ栽培と野菜,花卉の栽培が行なわれ,本土へも出荷される。しかし耕地面積が狭いため,第3次産業の従事者が多い。国指定史跡荻堂貝塚があり,18世紀中頃に建築された国の重要文化財中村家住宅は,中部屈指の観光地となっている。内陸を沖縄自動車道と国道330号線,海岸近くを 329号線が通る。面積 11.54km2。人口 1万6148(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北中城村の関連情報