コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝菩提院 ほうぼだいいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝菩提院
ほうぼだいいん

京都市西京区にある天台宗の寺。仏華林山願徳寺ともいう。持統天皇草創と伝えられるが開祖は定かではない。寺宝の『菩薩半跏像』 (伝如意輪観音,平安時代) は国宝。本体は台座蓮肉とともにヒノキ一木造で,一面二臂,右足を踏み下げて座す。黒石を入れた瞳と鋭い目鼻だち,天衣等の深い衣文の表現は大陸風であり,渡来者もしくはその技法の継承者の手に成るものとされる。現在は付近の勝持寺に保管されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

宝菩提院の関連キーワード澄豪(2)大原野澄豪

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝菩提院の関連情報