コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実況放送 ジッキョウホウソウ

3件 の用語解説(実況放送の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じっきょう‐ほうそう〔ジツキヤウハウソウ〕【実況放送】

実際の状況を、その場から直接ラジオテレビで放送すること。また、その放送。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実況放送
じっきょうほうそう

現実に起きている事象(事件、事故、スポーツほか各種の催事(さいじ))について、その実際の進行状況をそのままリアルタイム(同時)で放送することをいう。スポーツや野外コンサートなど催事の放送では実況中継、事故報道などでは現場中継という言い方もする。生放送ではあっても、放送局内のスタジオやサテライト・スタジオからの放送は、実況放送に含まれない。この実況放送は、放送媒体の特性である同時性、速報性、臨場性をもっとも端的に発揮する放送形式であり、テレビが現天皇、皇后の御成婚(1959)や東京オリンピック(1964)などの大イベントを節目に大きな普及を示したように、実況放送の魅力は放送の普及にも大きく貢献している。近年、実況放送が行われる頻度、実況放送がカバーする領域は、ネットワークの拡充、放送機器の発展とともに、著しい拡大をみせている。ことにテレビではエレクトロニクス技術の革新により、携帯用小型ビデオカメラをはじめとする高性能な機器が次々登場、実況放送の機動性は格段に増している。さらに通信衛星技術の進歩は、海外からの実況放送をも日常化した。[伊豫田康弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実況放送の関連情報