実況放送(読み)ジッキョウホウソウ

大辞林 第三版の解説

じっきょうほうそう【実況放送】

実際の状況を、現場からそのまま放送すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実況放送
じっきょうほうそう

現実に起きている事象(事件、事故、スポーツほか各種の催事(さいじ))について、その実際の進行状況をそのままリアルタイム(同時)で放送することをいう。スポーツや野外コンサートなど催事の放送では実況中継、事故報道などでは現場中継という言い方もする。生放送ではあっても、放送局内のスタジオやサテライト・スタジオからの放送は、実況放送に含まれない。この実況放送は、放送媒体の特性である同時性、速報性、臨場性をもっとも端的に発揮する放送形式であり、テレビが現天皇、皇后の御成婚(1959)や東京オリンピック(1964)などの大イベントを節目に大きな普及を示したように、実況放送の魅力は放送の普及にも大きく貢献している。近年、実況放送が行われる頻度、実況放送がカバーする領域は、ネットワークの拡充、放送機器の発展とともに、著しい拡大をみせている。ことにテレビではエレクトロニクス技術の革新により、携帯用小型ビデオカメラをはじめとする高性能な機器が次々登場、実況放送の機動性は格段に増している。さらに通信衛星技術の進歩は、海外からの実況放送をも日常化した。[伊豫田康弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じっきょう‐ほうそう ジッキャウハウソウ【実況放送】

〘名〙 スポーツ、催事、事件など実際の場面をそのまま同時間にラジオやテレビで放送すること。また、その番組。実況中継。また、見聞したことをその場にいるように報告することにもいう。
※武州このごろ記(1935)〈北条清一〉一千字訪問「AKがマイクロフォンを工場内に持って来て、繭から生糸への生産工程の実況放送を行ったこともある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実況放送の関連情報