水納島(読み)みんなしま

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕水納島(みんなしま)


沖縄県宮古(みやこ)列島、多良間(たらま)島北方に浮かぶ島。面積2.15km2。宮古郡多良間村に属する。最高点が標高8mの低平な隆起珊瑚礁(りゅうきさんごしょう)の島。沖合に裾礁(きょしょう)が発達。かつては200名を超す人口を数えたが、現在は1家族がウシの放牧に従事。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

水納島

沖縄県国頭郡本部町(もとぶちょう)、沖縄本島北部の本部半島の西沖約7キロメートルに位置する三日月形の島。「みんなしま」と読む。面積約0.47平方キロメートル。サンゴ礁が隆起してできた島で、古くは島全体が聖域とされる無人島だったが、明治時代瀬底島から移民が入り有人化した。白砂のビーチが美しく、観光客が多い。

水納島

沖縄県宮古郡多良間村(たらまそん)の島。宮古島と石垣島の中間に位置する多良間島の北約8キロメートルにある島。面積約2.15平方キロメートル。沖縄本島の本部半島沖にある水納島とは異なる島。周辺の海は透明度が高く、ウミガメが生息する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の水納島の言及

【多良間島】より

…宮古島と石垣島の中間に位置し,最高点34.4mの全面が琉球石灰岩に覆われた低平な島。島の北約9kmにある人口10(1989)の水納(みんな)島とともに多良間村をなし,島の北部に仲筋(なかすじ),塩川の2集落がある。農業を主とし,サトウキビ作を中心にタバコ,カボチャなどが栽培される。…

※「水納島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android