宮地 伝三郎(読み)ミヤジ デンザブロウ

20世紀日本人名事典の解説

宮地 伝三郎
ミヤジ デンザブロウ

昭和期の動物生態学者 京都大学名誉教授;元・日本モンキーセンター所長。



生年
明治34(1901)年1月26日

没年
昭和63(1988)年10月21日

出生地
広島県因島

学歴〔年〕
東京帝大理学部動物学科〔大正14年〕卒

学位〔年〕
理学博士

主な受賞名〔年〕
毎日出版文化賞〔昭和35年〕「アユの話」,朝日賞(昭43年度),紫綬褒章〔昭和43年〕,勲二等瑞宝章〔昭和46年〕,中日文化賞(第24回)〔昭和46年〕「霊長類研究と普及活動」

経歴
京都帝大理学部講師を経て、昭和17年教授に就任。25年から10年間アユを研究、アユの社会形態と藻の生産量に着目、生物社会学と生物経済学を結びつけたものとして高く評価された。その後はニホンザルの研究を手がけ、霊長類研究所の設立に尽力。39年退官して、日本モンキーセンター所長となり、51年までつとめた。他に日本学術会議会員、日本自然保護協会理事、日本生態学会会長、淡水生物研究所長、関西文理学院長などを歴任。著書に「動物の生態」「動物生態学」「アユの話」「サルの話」「生物学の視座から」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

宮地 伝三郎 (みやぢ でんざぶろう)

生年月日:1901年1月26日
昭和時代の動物生態学者。京都大学教授;日本モンキーセンター所長
1988年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android