コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家山 いえやま

3件 の用語解説(家山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家山
いえやま

静岡県中部,島田市北部の大井川中流西岸にある集落。チャ(茶),シイタケ,木材の産出が多く,特に銘茶「川根茶」の主産地。付近には大井川の曲流による鵜山七曲(うやまななまがり)や野守の池,笹間川の渓谷,笹間湖,大日山金剛院があり,それらのハイキングコースの入口でもある。大井川鉄道家山駅がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かざん【家山】

ふるさと。故郷。 「行には跡を顧みて、頭を-の雲に回めぐらし/太平記 20

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家山の関連情報