島田市(読み)しまだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島田〔市〕
しまだ

静岡県中部,大井川の中・下流域に位置する市。1948年市制。1955年六合村,大津村,大長村の 3村と伊久身村の一部,1961年初倉村をそれぞれ編入。2005年金谷町と合体。2008年川根町を編入。中心市街地の島田は大井川扇状地の扇頂部を占め,江戸時代,対岸の金谷とともに大井川川越の宿場町として発展。幕府御用材運搬のための筏流しなどでもにぎわった。第2次世界大戦後は製材,製紙,パルプ,紡績,計器,家具などの工場が立地。牧之原台地の北部に位置し,チャ(茶)の産地として知られる。帯祭は奇祭として有名。島田宿大井川川越遺跡諏訪原城跡は国指定史跡。東部の智満寺本堂は国の重要文化財,智満寺の十本スギは国の天然記念物に指定されている。JR東海道本線,国道1号線,473号線が通じる。金谷駅は大井川鉄道の起点。面積 315.7km2。人口 9万8112(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の島田市の言及

【光[市]】より

…同山北麓にある古刹普賢寺は海中より引き揚げられたという普賢菩薩を安置し,初夏の普賢祭は著名。島田市(しまたいち)の熊野神社の祭礼には人形浄瑠璃が奉納される。なお市北部の島田川沿いの小周防は律令制以前の周防国造の本拠地ともいう。…

※「島田市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島田市の関連情報