銘茶(読み)めいちゃ

精選版 日本国語大辞典「銘茶」の解説

めい‐ちゃ【銘茶】

〘名〙 特別に名前のある上質の銘柄のよい茶。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)初「へありける清風といふ名高き茶を煮花にこしらへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android