コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家族世襲財産 かぞくせしゅうざいさん Familienfideikommisse[ドイツ]

1件 の用語解説(家族世襲財産の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かぞくせしゅうざいさん【家族世襲財産 Familienfideikommisse[ドイツ]】

法律行為によって永久に処分を制限され,通常,一定の相続順位によって一定の者が相続すべきことを定められた財産をいう。その起源はスペインにあり,16世紀にイタリアおよびオーストリアにはいり,三十年戦争(1618‐48)後ドイツ行われるにいたり,スカンジナビアおよびバルカン方面にも広まった。ドイツでは古くから共同相続が行われ,相続財産は相続人の間に分割される危険を蔵していたから,貴族たちはその政治的・社会的勢力の基礎である土地その他の財産の維持に苦心し,高級貴族は14世紀以来家憲によってその財産の処分を禁止し,これを単独相続とすることによって,財産維持の目的を達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

家族世襲財産の関連キーワード行為能力終期授権行為法律行為追認死因処分生前処分制限行為能力者付款無効と取消

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone