家族世襲財産(読み)かぞくせしゅうざいさん(英語表記)Familienfideikommisse[ドイツ]

世界大百科事典 第2版の解説

かぞくせしゅうざいさん【家族世襲財産 Familienfideikommisse[ドイツ]】

法律行為によって永久処分を制限され,通常,一定の相続順位によって一定の者が相続すべきことを定められた財産をいう。その起源スペインにあり,16世紀にイタリアおよびオーストリアにはいり,三十年戦争(1618‐48)後ドイツに行われるにいたり,スカンジナビアおよびバルカン方面にも広まった。ドイツでは古くから共同相続が行われ,相続財産は相続人の間に分割される危険を蔵していたから,貴族たちはその政治的・社会的勢力の基礎である土地その他の財産の維持に苦心し,高級貴族は14世紀以来家憲によってその財産の処分を禁止し,これを単独相続とすることによって,財産維持の目的を達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android