コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿毛湾 すくもわん

5件 の用語解説(宿毛湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宿毛湾
すくもわん

高知県南西端の沈降性の湾。沿岸はリアス海岸で屈曲に富み,湾口,湾奥部に多くの島がある。イワシの好漁場であったが,近年はハマチなどの養殖業が発達。湾奥に宿毛市があり,海岸部は宿毛県立自然公園に,また,湾口の島など多くの部分が足摺宇和海国立公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すくも‐わん【宿毛湾】

四国南西部、豊後(ぶんご)水道南東部にある湾。愛媛県南部の西海(にしうみ)半島と高知県南西部の大月(おおつき)半島に挟まれてらっぱ状に開いたリアス式の湾で、カキ・ハマチ・真珠の養殖が盛ん。湾口南部の島々は沖ノ島海域公園を中心に足摺(あしずり)宇和海国立公園に、湾奥の島々は宿毛県立自然公園それぞれ指定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すくもわん【宿毛湾】

豊後水道南東部、高知・愛媛県境、宿毛市前面にあるリアス式湾入。真珠・カキ・ハマチなどを養殖。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕宿毛湾(すくもわん)


愛媛県南西端の高茂(こうも)崎と高知県南西部の柏(かしわ)島・沖ノ(おきの)島・姫(ひめ)島・鵜来(うぐる)島に抱かれた湾。湾奥部は重要港湾の宿毛湾港で、片島(かたしま)港に大分県佐伯(さいき)港を結ぶフェリー便が発着。湾内では真珠・ハマチの養殖が盛ん。湾口部や鵜来島などの島嶼(とうしょ)は足摺宇和海(あしずりうわかい)国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宿毛湾
すくもわん

四国南西部にある海湾で、豊後(ぶんご)水道南部に向かってらっぱ状に湾口を開く。沿岸は小湾入の多いリアス式海岸が発達し、湾奥部の松田川河口部は沈水性の三角江を示し、高知県宿毛市宿毛付近は干拓地もみられる。かつてはわが国有数のイワシ漁場であった。湾内の旧宇和島藩領の沖の島、姫島、鵜来(うぐる)島は1874年(明治7)愛媛県から高知県に移管されたため、以後、両県の漁業権をめぐる紛争が絶えなかった。現在は小湾入を利用したハマチなどの養殖漁業が盛ん。湾口南部一帯は沖の島海域公園を中心に足摺宇和海(あしずりうわかい)国立公園に、湾奥の大島、咸陽(かんよう)島一帯は宿毛湾県立自然公園に指定されている。湾奥の宿毛市片島港は高知県の西の玄関港として発展してきた。1984年(昭和59)小筑紫港と統合されて地方港湾宿毛湾港となり、1996年には重要港湾に昇格した。[大脇保彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宿毛湾の関連キーワード豊後水道広島県庄原市高茂町愛媛県西宇和郡伊方町高茂愛媛県南宇和郡愛南町高茂愛媛県南宇和郡愛南町小浦愛媛県西条市丹原町高知愛媛県南宇和郡愛南町緑甲高知県南国市大そね甲高知県南国市田村甲高茂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宿毛湾の関連情報